■Top>SkyDrive>AirLine

SkyDrive シンガポール航空/航空サービス
シンガポール航空/Singapore Airlines//STAR ALLIANCE


機材


シンガポール航空は常に最新機種への転換が早く、平均して約5年サイクルで新型機へ移行するようです。長距離路線にはBoeing747をメインに、エアバスのA340−500も超長距離路線へノンストップ運行として導入しています。


シンガポールチャンギ空港/駐機


シンガポール/チャンギ空港にて



STAR ALLIANCE カラースキーム仕様


シンガポール航空は独自性も併せ持った航空会社で、垂直尾翼部分のカラースキームも自社マークを付けているのが特徴のようです。

カスタム検索

新機材導入/A380


世界のエアラインでエアバスA380のファースト導入も決めています。2006年10月導入の予定でしたが1年後の2007年10月に延期になっています。既にシンガポールのチャンギ空港ではダブルデッキ等のターミナル準備は2005年の時点でほぼ完了しているようです。(シンガポール航空はA380のローンチカスタマーです。)


A380の搭乗パスプレゼントキャンペーンも実施していました。(2005年夏季)


新機材導入/B777−300ER

2007年当初から新機材の導入が積極的に行われています。長距離及び搭乗率が高い路線にエコノミー・ビジネス・ファーストクラスにも次々に新シートが導入されています。B747から切り替える路線もあるようで、搭乗人数の確保よりもサービス向上を常に考えている航空会社であることが分かります。また利用期間が短く、常に最新型の機材に更新していく航空会社のひとつです。

また総2階構造のエアバス社のA380も積極的に導入し、日本路線でも導入している便があります。

ビジネスシートでは全てのシートが幅広く配置され、全て通路が横付けされる設計なほどゆとりがあるようです。またエコノミーシートでも足元の広さが確保されるようです。シンガポール航空は全てのシートにマルチメディア端末が装備されているため、シートによっては足元に機械が置かれていることもよくありましたが、これも解消されるようです。

今後の更なる成長に期待したい航空会社の一つです。


Updated:2006.7.8
Updated:2006.11.25
Updated:2014.4.1 機種情報追加

TOP
Copyright (C) 1997-2017 Maruken's Homepage. All Rights Reserved.